北島で最も安定した釣果が期待できる、鱒釣りのメッカ 〜 ムルパラ

MURUPARA
ニュージーランド北島、ロトルアから車で約90分の距離にある、トラウト・フィッシングのメッカです。
ツランギ、タウポなど、周囲には有名スポットも点在しており、北島で釣りをするには中心的な場所です。
ムルパラ
Murupara
ムルパラへ最も時間をセーブして到着するには、オークランドからロトルアまで飛行機を利用、ロトルアにてピックアップをしてもらい、車で向かう方法です。 ロトルアからムルパラまでの所要時間は車で約1時間の距離になります。 ムルパラには宿泊施設は数件あるのみ。 そのため、最も一般的な宿泊手段は、ガイド宅へホームステイをすることです。 素朴で心温まる、キウイ・ファミリー宅でのホームステイ。 お部屋は別棟に建てられており、プライバシーも十分確保できるため、ハネムーンでムルパラを訪れるカップルにも全く問題なし。 ちょっと趣向の違う宿泊方法もユニークでなかなかいいものですよ。
ランギタイキ・リバー
Rangitaiki River - 1
ムルパラ滞在中に向かうのは、ランギタイキ・リバー。
釣り人の期待を決して裏切らない川として、ガイドの信頼も高く、魚影も濃い川としてその実績を高く評価される川です。 季節を問わず、多くのレインボー、ブラウンが生息しており、ボクもこれまでいい思いを何度もさせていただきました。
上流部へは車でアクセスした後、しばらく歩くことになります。 道なき道を黙々と歩くわけですが、川の音が聞こえてくると元気が出てくるんですよね。 多くの原生林が生い茂る、とてもプリミティブな雰囲気の中、桃源郷を目指すのす。
ランギタイキ・リバー
Rangitaiki River - 2
ランギタイキ・リバーは比較的川幅があり、ラフティング・ツアー(ゴムボートでの川下り)でも有名な川です。 そのため、夏のシーズンには、ラフティングボートが目の前を通過することもあります。 また、フィッシングもラフティングボートを使ってのドリフト・フィッシングも可能です。 ガイドが判断した、ここぞというスポットでボートを止め、丁寧にフライを流していきます。 鱒はたいていのスポットに居ついているため、反応がない場合は、その場所を諦め、次々と美味しそうなスポットをラン&ガンで攻めていきます。
ムルパラ
Peaceful place to be
この写真は、6月中旬。
ムルパラでの短期釣行を終え、オークランドに帰る日に撮影したものです。 昨夜までの雨も止み、冬模様だった空も完全に澄み渡り、とても穏やかな秋晴れの天気に恵まれました。
「こんな天気のもとで釣りをしたかったなぁ…」
毎回天候に恵まれる保証なんてもちろんありません。
日頃の行い?
それとも運?
ニュージーランドだけでなく、釣りに運はつきものですよね?